脚が疲れてくると足の裏が痛くなる。改善するにはどうしたらいい?

ずっと立っている、歩いていると脚が疲れてきてと足の裏が痛くなるという相談が来ました。
疲れているという脚はパンパンに張って足の裏のアーチも落ちて扁平足になっていました。
足の指の筋肉も緊張しているために曲げ伸ばしもスムーズに動きません。

そこで脚を前に伸ばして座って脚の筋肉の緊張を取るように脚をブラブラ振るような運動をしてもらいました。
そうすると太ももやお尻の筋肉の緊張が取れて弾力のある筋肉になりました。
するとつちふまずの辺りも柔らかくなり、足の指の曲げ伸ばしの動きも良くなりました。

立ち上がってみても脚が軽く、楽に立つことができますので立っていても疲れをかんじることもありません。
歩いてみても脚が軽く動いてくれるので長く歩いても疲れません。

足の裏の筋肉が硬くなったりすると足裏マッサージをするというのが一般的によく見られますが、ちょっとしたコツはありますが足をブラブラ振るだけで太ももやお尻の筋肉の弾力が戻り、それで足の裏や指の筋肉まで良い状態にできるわけですから、これほど簡単なことはないと思います。