筋肉をゆるめて膨らませるだけでも筋力は上がる

歳を重ねてくると筋力の低下を感じる場面で増えてくるので筋肉を付けるようと筋トレを始めるというケースは多いですが、筋肉を鍛えるというのは楽ではありませんからなかなか長続きしません。
硬い筋肉に負荷をかけてもなかなか膨らみや弾力は出ません。
加齢や日頃体を動かしていないと筋肉が硬くなり関節の動きが悪くなるといったことも起きてきます。
そんな状態の体に大きな負荷をかけると関節を痛めることもあります。

筋力を高めるというと筋肉を付けることばかり考えてしまいますが、硬くなっている筋肉をゆるめることで筋力を高める方法の1つです。
筋力は筋の断面積に比例し、筋断面積が大きければ筋力も高くなります。
日頃ほとんど動かしていないために萎んで硬くなっているわけですが、その筋肉を元の膨らみ、弾力を取り戻せば断面積が増えたと考えることもできます。

実際、年配の方に対して筋肉をゆるめてから体を動かしてみてもらうと体を楽に動かせるようになったりそれなりの重さでエクササイズをしても楽々扱うことができます。
適切な体を動かす手順や動かし方で体を動かしてみるとさらに楽にできるようになります。
筋肉がよく動き、関節もスムーズに動く、そして適切な手順、動かし方で体を動かしていけば上げられる重さも増えてきて自然と筋肉も付いてきます。

筋肉を鍛えても筋力を高めるというのもやり方の1つですが、萎んで硬くなっている筋肉を元の状態に回復させるということも大切なことです。