普段の生活で使っていない筋肉を鍛えたところで日常動作では役立たない

「○○というエクササイズは普段の生活では使わない筋肉を鍛えるトレーニングです。」というようなことがよく言われます。
なぜ普段使われない筋肉をわざわざ筋トレのエクササイズで鍛えないといけないのでしょうか。

筋トレで鍛えたところでその筋トレの動作がうまくなるだけで、鍛えた筋肉、筋力が日常生活動作やパフォーマンスを向上させてくれるような効果はありません。

筋肉は“使わない、動かさない”と萎縮してしまいますが、鍛えないから萎縮するわけではありません。普段使われていないのなら鍛えるのではなく使えるように「使い方」を変えれば問題は解決されます。

普段の生活で使っていない筋肉があればその筋肉を使う、動かすような動作をするように修正すれば問題は解決されます。

そのために難しいことをやる必要はありません。
動く骨、関節は動くようにできているわけですから楽にスムーズにできる動きがあります。
やりにくいとしたらそうは無理に大きく動かそうとしていたり動かないような動きをやろうとしているだけです。

他にもやっておきたいのが「呼吸」です。
生きていくために息を吸うことは勝手にやっていますが、気をつけないと“吐く”ことは忘れがちです。
呼吸というと胸式とか腹式とかいろいろなやり方はありますが、そういうことを気にする必要はありません。

筋肉を衰えさせないようにするには1日の中で動かしていない骨、関節がないようにしてあげることです。