「前傾姿勢で走っていると腰が痛くなってきます。フォームが悪いのでしょうか?」という相談

市民ランナー向けの雑誌など走り方についていろいろ書かれているものを読んでみると、「体を前傾させるともっと楽に走れる、速く走れるようになる」と書かれています。
しかし、体を前傾させようとすると倒れてしまわないように腰に余計な力が入ります。
意識で作った前傾姿勢で何十分、何時間も走っていれば腰にかかるストレスはものすごく大きくなります。
限界を越えれば痛みが出てしまいます。
実際、こういった走り方をして腰が痛くなって相談に来る方もいます。

前傾姿勢はするものではなく、“自然にそうなるもの”です。
走る時には重心を前方へ移動させていくのですが真っ直ぐに立ててしまうと安定して止まってしまいます。
走り続けるためにはバランスを前に崩し続けるしかありません。
また、自分の体を素早く遠くへ運ぶためにはをストライド(歩幅)広げることが必要です。
走るという動作は両足が地面から離れます。ようは跳ぶということです。
そのために使えるのが地面からの反力です。
反力は体重に比例します。
垂直方向に踏み込んだ時に最も大きな前方上方へ飛び出す反力が地面からもらえます。
接地する時に垂直方向に体重を乗せようとすれば自然に前傾姿勢になります。

自然にそうなる姿勢を意識して作っても形は似ていても全く違ったものになり不自然なります。
作った前傾姿勢で走ったところでストライドは伸びませんからスピードも上がりません。

適切な接地で走った結果生まれる自然な前傾姿勢だと楽に速く走れるようになります。
不自然な前傾姿勢で腰が痛かったという方も走り方を直すだけで走っているうちに腰の筋肉の緊張も解れて楽になりました。

フォームは体の動かし方の結果にしか過ぎません。
フォームを意識する前に体の動かし方、使い方を見直してみることです。

広告