「筋トレで付けた筋肉は硬い動けない筋肉になる」というのは本当か?

健康維持増進目的の方だけでなくスポーツをしている方のなかでも筋トレが重要だということが認識されてきてジムでも多くの方が筋トレをしています。
しかし、「筋肉を付けすぎるとスポーツに悪影響がある」、「筋トレばかりして柔軟性がなくなって動きが悪くなった」、「筋トレで付けた筋肉は動きを制限し可動域を狭くする」といったおかしな話をジムでよく耳にします。

トレーニングして筋肉をつけたら体の動き、筋肉の動きが悪くなったのは本当に体や筋肉に責任があるのでしょうか?
原因は「体の動かし方、使い方」にあります。

とにかく筋肉を大きくしようとする人は大きな重りを付けて一生懸命持ち上げようとしがちです。
筋肉は年齢を重ねても適切な負荷をかければ大きくなりますが関節はそういうわけにはいきません。
無茶をすれば故障を引き起こす可能性があるのですが、筋肉を大きくすることしか頭にない人はそういうことを意識しないでとにかく筋肉にストレスをかけることに意識が向きがちです。
そういう意識で動かした体、使った筋肉がスムーズな動き、スピードのある動きに役立つかどうかは容易に想像ができるのではないでしょうか。

ウェイトトレーニングをするから筋肉が硬くなるわけでも動きが悪くなるわけでもありません。
適切な手順、適切な体の使い方でエクササイズを行えばそれなりの重さを持ち上げたとしても筋肉は硬くなるようなことはありません。
スムーズな動きでも適切なトレーニング負荷を筋肉に与えれば大きくなります。

「筋トレをしたのにうまくいかない」のは体の責任でも筋肉の責任でもウェイトトレーニングの責任なく、そのような体、筋肉になるようにトレーニングをした体を動かした自分自身の責任です。

例えばスクワットをやっても多くの人は筋トレのスクワットの発想なので一生懸命太ももの前の筋肉でブレーキをかけながらしゃがみ、立ち上がる時も筋肉を緊張させますが、そういうスクワットをやった後に残るのは筋肉の緊張と辛さです。
体や筋肉がスムーズに動くというのは難しいでしょう。

パーソナルトレーニングで指導している人はほとんどの人が筋トレなんてやったこともない人ですが
それなりの重さでスクワットをしてもきちんとしゃがめますし、膝や腰が痛くなるようなこともありません。
それは適切な手順、体の動かし方でやっているからです。
スクワットをした後はしゃがんで立ち上がるはもちろんですが立つ・歩く・階段の昇り降りといった日常生活動作はもっと楽に軽くできるようになり、体・筋肉の動きも良くなります。
筋肉もバランス良く付きますし、女性は筋肉がムキムキになるどころか太ももやウエストが細くなりスタイルアップします。

とにかく大きな負荷をかけてトレーニングすれば良いという発想ではなく、当たり前のことですが「何のために、どういう筋肉にするために、どんなエクササイズを、どのくらいの負荷で、どのように行うのか」そういう基本的なことを守ってちゃんとトレーニングすることが大切ということです。

広告