腰が痛くて夜中に太ももやふくらはぎに電気が走ったような痛みで目が覚める。どうすれば良くなるのか?

腰が痛くて夜中に太ももやふくらはぎに電気が走ったような痛みで目が覚めるという相談が来ました。
あまりの痛さに病院へ行っても特に異常はないと言われたそうです。

腰が痛む原因を見つけるために姿勢をチェックしてみると体がねじれていてきちんと正面を向いて立てていません。
横から見ると猫背のように背中は丸くなっていました。
筋肉の緊張を探ってみても首、背中、腰、お尻、太ももの外側、ふくらはぎが緊張で硬くなっていて特に腰は鉄板を触っているような感じでした。
腰の痛み以外にもひどい肩こりもありました。

ということで、まずは全身の筋肉をゆるめてみました。
肩甲骨を動かして首、背中、腰の筋肉の緊張を、揺すりを使って股関節や膝周りの筋肉の緊張を、足首を動かして脛やふくらはぎの筋肉の緊張をゆるめてみると体のねじれも直って正面を向いて立てるようになりました。
そこから座った姿勢で骨盤を動かす体操、骨盤と股関節を動かす体操を行なったり、スクワットのようなしゃがんで立ち上がる運動を繰り返してお尻を低いところまで楽に沈められるようになってくるとさらに楽に立てるようになり歩くのも楽にできるようになりました。
痛みも軽くなって体を動かしている中で腰やお尻、太ももに嫌な痛みを感じることもなくなりました。

日々お風呂上がりに骨盤を動かす体操をやっていただくと電気が走るような痛みが出ることもなくなって夜中に目が覚めるようなこともなくなったそうです。

特に異常がないのに体のどこかが痛い時にはやはり体をゆるめることです。
全身が良い状態になれば体のどこか一部分の問題もちゃんと解消されます。

広告