硬くなっている筋肉は解し、たるんでいる筋肉を鍛えてもO脚、X脚は直らない

O脚、X脚の改善のためにストレッチングや筋トレをしているのに全然成果が見られないという人も多いですね。
「こっちの筋肉が引っ張る力が強過ぎて、反対の筋肉がたるんでしまっているからですね。強く引っ張っている方をストレッチングでよくほぐしてたるんでいる筋肉をしっかり使うエクササイズで鍛えていきましょう」なんて指導も多いですが、それでうまくいくことはほとんどありません。
理屈的には出力の大きい方を小さくして、小さい方を大きくすれば帳尻は合いますがO脚、X脚はそんな単純な話ではありません。
X脚は膝のお皿は内を向き、O脚は外側を向いていますが、膝関節ができるのは基本的には曲げ伸ばし運動です。
ねじる動きはほとんどできません。それができるのは“股関節”です。

脚がO脚、X脚に見えてしまうのは筋肉の緊張もバランスが崩れてしまったせいで股関節がきちんと噛み合っていないからです。
いくら筋肉をほぐしたり鍛えたりしても股関節の噛み合わせが正常な状態に戻らない限り、いつまで経ってもO脚、X脚は直らないということです。
それじゃあどんなトレーニングをしたらいいのか?ということになりますが、そんなに難しいことをする必要はありません。

一般の人が脚がねじれてしまう、太ももの筋肉の緊張もバランスが崩れてしまう原因のほとんどが日常生活動作の癖が原因です。
歩く、しゃがんで立ち上がる、階段の昇り降りといった動作を見ればどうして脚がねじれてしまったのか原因は必ずわかります。

1つ1つやっても良いですが、一番簡単なのがしゃがんで立ち上がる、ようは“スクワット”です。
立っている状態で体が沈めば必ず下半身全部の筋肉が使われるはずです。
使われないという方が問題ですがO脚、X脚の人はそれが見られます。
しゃがむ立ち上がるで下半身の全ての筋肉がバランス良く使われるようにすれば筋肉の緊張のバランスも整い脚は真っ直ぐにしか使えないようになります。
O脚、X脚で悩んでいるという人もほとんどがスクワットをきちんとやることで脚のねじれが直って真っ直ぐ綺麗に伸ばせるようになります。

大きな負荷をかける必要もありませんし深くしゃがむ必要ありません。
きちんとバランス良くしゃがめるところで脚を真っ直ぐに使うことを繰り返すだけで十分です。

O脚、X脚に見えてしまっているのを直そうとするとおかしな理屈があれこれ出てきますが、そもそも脚がねじれて見えてしまう原因から考えてみればそんな難しくことをしなくてももっと簡単に真っ直ぐな脚になります。

広告