ひざ痛改善, ランニングのためのトレーニング

普段はなんともないのにジョギングをすると膝が痛くなるのはどうしたら改善するのか?

普段はなんともない、病院へ行っても特に骨に異常はないのだけれどジョギングをすると膝が痛くなるというケースがよく見られます。
そういった場合にまず考えられるのは姿勢の崩れ、なかでも「脚のねじれ」です。
立ってみた時に脚がO脚、X脚のようになっていて脚が真っ直ぐに伸ばせていない状態で走ると着地の衝撃が膝に集中してしまう可能性があります。
着地の衝撃は体重の3〜5倍です。
そんな大きなストレスをずっと膝が受け続けていれば痛みを引き起こしてしまったとしても仕方ありません。
普段の立ち方の問題なら全身の筋肉の緊張を緩めて姿勢を整えると脚も真っ直ぐに伸ばせるようになります。
それから走ってみると膝にだけ大きな負担がかかるようなこともなくなります。

次に考えられるのが「走り方」の問題です。
なかでも“足の着き方”が膝に負担をかけるようなやり方で行われているということもよくあります。

一般的に多いのは踵から着地して地面を蹴る力で体を前に進めようという走り方です。
そういう足の着き方は実際にやってみるとわかりますが着地の衝撃は膝の辺りに来ます。
他にもO脚、X脚になるような足の着き方、足の外側、内側に体重がかかり過ぎるような着き方をしているケースもよく見られますが、これも脚をねじって使うので膝に大きな負担をかける可能性があります。
こういった場合、しばらく走るのをやめると痛みは治まりますが走るとまた痛みが再発してしまいます。

そういったケースの相談をされたことがありますが、着地のやり方を直すだけで痛みが出なくなります。
足裏全体でフラットに踏み込むイメージでやっていくと衝撃はお尻や太ももの裏側、腹筋に体幹に来ます。
ある一部分だけに大きなストレスがかかることもなくなります。
さらに地面を蹴るのではなく踏み込む感覚で地面から反力をうまくもらうことで楽に体が前に進むようになり、楽に軽く、速く走れるようにもなります。

何かをすると痛いということはやはり何を原因があるわけです。
そこから考えてみると問題を解消するのはさほど難しいことではありません。

広告