「腰痛でも筋トレをした方が早く良くなりますか?」という相談

こういう質問を受けることがありますが、なんのために腰が痛いのに筋トレをするのか逆に質問をしてみると、「腹筋を付けるように言われたから」という答えが返ってきます。
早く痛みの辛さから解放されたいという気持ちはわからなくもないですが、筋肉が太い・細い、筋力が強い・弱いと腰が痛くなる・ならないは必ずしも一致しません。
太く大きな力が出せる筋肉を持っていても腰が痛いという人もいますし、筋肉もほとんどない、力も弱いようやく立てるくらいの子供がみんな腰痛かというとそうでもありません。

もっと大事なことを忘れているのではないでしょうか。
それは、「どうして腰に痛みが出るのか?」です。
そもそもの腰が痛くなる原因が解消されなければ何をやっても腰の痛みが良くなることはありません。
いつまで経っても、何をやっても痛みが良くならないのは“原因の追究”をいい加減にしているからです。

相談に来る人のほとんどが骨に異常はない、マッサージや整体へ行くとやってもらった直後は痛みが軽くなるがすぐに再発するというパターンです。

しかし、話を聞いてみたり姿勢をチェックしてみたり、痛みが出る動きをやってみたりすると腰に負担をかけるような癖があったり、体がねじれていたり、腰が痛くなるようにある動作をやってしまっています。

原因が見つかればやることは簡単です。
腰に負担をかけるような癖を直す、体のねじれを元の状態に戻す、適切な手順・動かし方で体を使うようにすれば腰の痛みは軽くなったり、良くなります。
それが「腰痛を改善するためのトレーニング」ということになります。

筋トレをするから腰痛が良くなるわけではありませんが、腰に痛みが起こる原因から考えたトレーニングを行えばきついこと、つらいことをしなくても痛みは良くなります。

広告