スクワットでしゃがめないのは足首が硬いせい?

スクワットでスムーズにしゃがめない、深くしゃがめないという相談は多い。
しゃがめないという方の多くが足首が硬いからしゃがめないと思っていますが、足首が硬い方はまずいません。
本当に硬いならイスに座ることもできないはずですが、イスには座れます。
ということは本当の原因は動きが悪い、しゃがめないようにしゃがんでいることです。

原因はしゃがむ手順、やり方です。

しゃがむ、お尻を下げていくための適切な手順があります。
一般的に股関節から曲げていくやり方がよく見られますが、股関節から曲げると足首、膝を固定してしまうのでお尻を引くような形になり、深くしゃがもうとすると後ろに倒れそうになります。

膝から曲げていくと、足首を固定した状態で動いていくので膝が固定されてしまうので深くしゃがめません。

しゃがむ時は足首→膝→股関節の順にゆるめます。

足首は曲げるというイメージではなく、ゆるめて脛の骨をわずかに前に滑らせます。
足首からゆるめると膝、股関節もゆるんで上体は軽く前傾します。

次にお尻を後方に下ろすと太ももの骨が後方へ滑って倒れ、股関節では骨盤が前傾します。
そうするとお尻は自然と下に沈んでいきます。

当然、その人の筋肉の硬さによって深くしゃがめないこともありますが、何度か繰り返せば深くしゃがめるようになります。
うまくできてくると足首をゆるめるのをきっかけに重力で自然とお尻が沈むようになります。

立ち上がる時の手順は股関節→膝→足首です。
お尻を上げていく意識でやるだけ膝も伸び、足首も自然に伸びます。

ちなみに、傾斜板を使ったり、踵の下に楔を入れて踵が上がった状態で行うと足首もゆるめやすくなりますし、二本脚を綺麗に伸ばして立ちやすくなります。
脚のラインを綺麗にしたりヒップアップしたスタイルを作るという目的にも効果的です。

どんなものにも手順ややり方というものがあります。
できないのは手順通りやっていなかったり、適切なやり方でやっていないからです。
適切な手順、やり方でやればどこかが硬くてできないということにはなりません。