スクワットでしゃがめないのはフォームが悪いから?筋力が弱いから?体が硬いから?

スクワットでうまくしゃがめない、深くしゃがめないと困っている人は多いようです。
足首が硬い、筋肉が硬い、フォームが悪い、深くしゃがむための筋力がないなどいろんなことを言われますが、しゃがみにくいという原因は他にも考えられます。
現場で指導していてもそれらを解決すると大抵の人は楽にしゃがめるようになります。

原因の1つ目は“しゃがむ手順”です。
しゃがむ、お尻を沈めていくには足首・膝・股関節が同時に曲がる必要があります。
しゃがむための手順にもいろんなやり方がありますが、スムーズにしゃがむには「足首」からゆるめることです。

股関節から曲げてもある程度のところで太ももの前の筋肉が緊張しブレーキがかかってしまいます。膝から曲げようとしてもお尻はあまり深く沈めることができません。

足首を曲げると膝、股関節も同時に曲がりお尻が沈めやすくなります。

2つ目は関節がスムーズに動いていないことです。

しゃがむというと一般的には足首の硬さと言われますが、指導していると骨盤、股関節が適切に動いていない人が多いと感じます。
多くの人は足首、膝、股関節を全て曲げるように使ってしゃがもうとしますが、そういうしゃがみ方をしようとすると股関節が詰まってブレーキがかかりうまくしゃがめません。


写真のように太ももの骨は骨盤に対して真っ直ぐではなく斜めに嵌っています。太ももの骨の頭をきちんと滑らせていくと太ももの骨は外に捻る動きが起こります。
この股関節の捻りの動きをきちんと入れるとお尻は深いところまで楽に沈められるようになります。

3つ目はしゃがむという動作を難しく考えすぎているケースです。
スクワットというと多くの人が筋トレのスクワットをイメージするでしょう。
そうすると筋トレをしていない人にとっては難しいイメージをもってしまいます。

スクワットはしゃがんで立ち上がる動作です。
立ったところからしゃがむのが難しければしゃがんだところから立ち上がればいいだけのことです。

イスから立ち上がる→座るというように動作を繰り返してちゃんとしゃがめるということを脳に教えてあげるだけでイスがなくてもしゃがめるようになります。
うまくいけばお尻を一番低いところまで沈めることも簡単にできるようになります。

動きやすい体の状態にして適切な手順、体の使い方で行えばだいたいの運動は誰でも行えます。