インナーマッスルを鍛えても巻き肩は直らない

筋トレは良い運動だと思いますが、筋肉を鍛えておけば何でも良くなるなんてことはありません。
筋トレで姿勢を良くしようとする時に一番多いのが、バランスを取るために反対の筋肉を強くして真っ直ぐにしようとするものです。

巻き肩は肩が内側に巻き込むような姿勢なので外側に回転する動きで使われる筋肉を鍛えて内と外の引っ張る力を均等にして元の良い位置に置きたい気持ちはわからなくもないですが、そんな都合良くはいきません。

そもそも巻き肩は筋肉が緊張して硬くなっています。
そんな筋肉を引っ張って元の長さに戻るでしょうか?
緊張した筋肉を引っ張っても緩むどころか防御反応で余計に縮んで硬くなってしまいます。

そんな難しいことをしなくても筋肉の緊張を緩めてバランスを整えればインナーマッスルのような意識しづらい筋肉を鍛えるような難しいエクササイズなんてやらなくても問題は簡単に解決します。
そもそもの問題は日頃の生活の癖で筋肉の緊張のバランスが崩れて姿勢が悪くなっているだけですから。

どんなに良いトレーニングでも目的に合わなければ意味のないものになってしまいます。
そうならないために“原因”を追求することを忘れてはいけないと思います。