ランニングした後に腰が痛くなるのは走る時の姿勢が正しくないから?

ランニング姿勢でよく勘違いされるのが、立っている時のように上体を真っ直ぐに立てて走るのが正しいランニング姿勢、良いランニング姿勢だというものです。

走るという動作は基本的には“重心の移動”です。
体を前に倒していくとある地点まで体が倒れると脚が自然と前に出ます。
その角度をずっと維持して体を前に運んでいくと自然と脚がついてきます。

しかし、上体を立てたままだとずっとその場に安定した状態になります。
よく見られる脚を一生懸命動かす走り方だと脚が前に出ると上体が後ろに倒れた姿勢になり腰の筋肉に強い緊張が起こります。

そんな状態でずっと走り続けていれば腰の筋肉の使い過ぎてしまい腰の痛みが起こります。
走っている時に腰の筋肉をずっと使い続けていることが原因ですから、いくら走った後にストレッチングをしてもまた走れば腰の痛みは再発してしまいます。

こういう腰痛を改善するには、“走り方”を直すことが効果的な方法だと思います。
脚で一生懸命走る走り方ではなく、重心移動を利用した走り方に変える、ランニング姿勢を見直すことです。

そういう走り方だとどんどん体が前に進んでいくのでスムーズに走れるようになりますし、腰だけでなく脚の筋肉の疲労も少なく抑えることができるので楽に長く走れるようにもなります。

いろいろやっても走ると腰が痛くなる人は走り方を見直してみることをお勧めします。

広告