感想「骨で立つってこんなに楽なんですね。」

姿勢改善が目的でトレーニングに来ているクライアントさんから感想をいただきました。

「良い姿勢というと背筋を伸ばして真っ直ぐに立つというイメージだったのですが、トレーニングの後は力を入れなくても楽に立てる、意識しなくてもそのようにしか立てないのが不思議な感じでした。
骨で立つってこんなに楽なんですね。」

姿勢良く立つというと、意識して見た目の良い姿勢を作っている人が多いですが、意識するということは筋肉を緊張させてしまいます。
筋肉は使うと疲労が溜まります。
余計な力が入るような立ち方はどんなに見た目が良くてもすぐに筋肉が疲労して長くはもちません。
すると結局は姿勢は崩れてしまいます。

セッションでは、骨で立つ自然な良い姿勢を目指していきますが、そういう立ち方は“余計な力が抜けていて”楽にスッと立てます。
そのためにやることは筋肉をゆるめて緊張度のバランスを整えるだけですが、それだけで自然に背筋が伸び、胸が開き、脚が真っ直ぐに伸び、ヒップアップした姿勢になるので見た目も良くなります。

そういう体の状態で動いていってもいろいろな動きがスムーズにできます。
しゃがんで立ち上がる、歩くといった日常生活動作はもちろん、ゴルフのスイングやランニングといったスポーツ動作もスムーズになります。

意識した見た目だけの良い姿勢は立っている時は良くても体を動かそうとすると緊張で力が入っているので力んでしまってスムーズに動くことができません。
姿勢は矯正するのではなく、元々の自然な状態に戻してあげればいいんです。