太ももの引き締め、美脚作りにはスクワットで鍛えるよりもスムーズにしゃがんで立ち上がれることが大事

太ももを引き締める、スラッと伸びた美脚作りのためにスクワットをしているという人も多いのではないでしょうか。

スクワットは全身を使う効率の良いエクササイズですのでエクササイズの選択としては素晴らしいと思います。

一般的には筋肉を鍛えて太ももを引き締める、美脚を作るようなやり方ですが、効率良く太ももの引き締め、美脚を作るのであればスクワットが行われていますが、「楽に一番深いところまでお尻を落としてしゃがんで、スムーズに立ち上がる」ことが重要です。

まずは“しゃがむ”ですが、スクワットで一番深いところまでしゃがめる人をほとんど見かけませんが、一番深くしゃがむには股関節、膝、足首がスムーズに動かないとできません。

ほとんどがつま先に体重がかかり、膝が内側に入り、背中が丸くなってしまいます。
そういうスクワットでは捻れた脚が出来上がってしまいます。
さらにつま先に体重がかかると太ももの前やふくらはぎにストレスがかかり、その部分の筋肉は太くなってしまいます。

スムーズにしゃがむと膝を開いてその間にお尻が沈んでいくようになります。そうするとつま先ではなく踵に体重がきちんと乗ります。
正面から見たときにアルファベットの『M』のような形にするので“M字スクワット”と呼んだりしますが、綺麗なM字でしゃがめると最初に書いたような効果が出ます。

立ち上がる動作では、開いた膝を閉じていくと自然に立ち上がり、足裏全体が床と密着するような感覚になります。

そういう立ち上がり方をするとお腹やお尻が引き締まり、スッと背筋が伸びた感覚で立てるようになります。

太ももが太く見えてしまっている人でもそういうスクワット動作を行うことで1回のトレーニングでちょっと太ももが細く引き締まって見えるようになりました。

エクササイズというとどうしても筋トレのエクササイズを思い浮かべてしまいますが、適切な手順、動かし方で体を動かすというような基本的なことが大切になってきます。