脚の引き締めたいならスクワットで鍛えるよりもしゃがめるようにする方が良い

むくみをとったり、筋肉を緩めるといった方法でも脚の形を綺麗にすることはできますが、筋肉は使ったように作られますからやり方を工夫すればトレーニングでも作れます。

お勧めは「スクワット」です。
スクワットはシンプルなエクササイズですが、適切にやれば股関節の柔軟性も改善しヒップアップしたスタイルが作れる、X脚やO脚を改善して真っ直ぐな綺麗な脚にできる、体幹も使うのでウエストも引き締まる、姿勢や体のバランスも良くなります。

スタイルアップのためのトレーニングというと1つ1つの筋肉を使うようなトレーニングのやり方のパターンがよく見られますがたくさんやると集中力も低下してしまうし、エクササイズやトレーニングをすることが目的になってしまって、何のためにやっているのかわからなくなってしまいます。
トレーニングはできるだけ少ない種目で動きもシンプルなエクササイズを集中してしっかり行えばたくさんのことを少しずつやるよりもトレーニングの質も量もバランス良く高められます。

そういった意味でもスクワットは効率の良いエクササイズですが、案外難しいのが“しゃがむ”ことです。

スクワットというと太ももが床と平行になるくらいというイメージが強いですが、太ももと床が平行になるくらいまではしゃがめてもお尻を一番低い位置まで落として綺麗にしゃがめる人はまずいません。

ほとんどがつま先に体重がかかり、膝が内側に入り、背中が丸くなってしまいます。
膝が捻れると当然膝が痛くなります。
つま先に体重がかかれば太ももの前やふくらはぎに負担がかかるので筋肉が太くなってしまいます。

筋トレのスクワットではなく、骨で立つ自然な良い姿勢にするためのスクワットでは膝は外側を向いて踵にも体重をきちんと乗せます。
正面から見たときにアルファベットの『M』のような形にするので“M字スクワット”と呼んだりしますが、綺麗なM字でしゃがめると最初に書いたような効果が出ます。

深くしゃがむと膝が痛かった人もしゃがんだ時の姿勢を教えてあげて、何度かしゃがむ立つを繰り返していると深くしゃがんでも膝が痛くなくなりました。
太ももが太く見えてしまっている人も綺麗にしゃがめるようになると1回のトレーニングでちょっと太ももが細く引き締まって見えるようになりました。
腰の筋肉が突っ張るような痛みがあった人も腰の痛みが楽になってトレーニングが終わった後は元気に歩いて帰っていかれました。

エクササイズというとどうしても筋トレのエクササイズを思い浮かべてしまいますが、適切な手順、動かし方でしゃがむという基本的なことも大切なトレーニングです。

広告