ハイヒールで長く歩くと足の甲が痛くなる。どうすれば改善できる?

ハイヒールを履いて長時間歩いたりして起こるトラブルの相談はよく来ますが、多くがハイヒールでの立ち方、歩き方が原因です。

足の状態をチェックしてみても指が曲がって足のアーチが落ちて足の甲だけでなく土踏まずも硬くなっているということがよく見られます。

ハイヒールを履くと踵を上げた状態で立っているのと同じです。
適切な立ち方をしなければ当然つま先に体重がかかり、足の指の筋肉が緊張して曲がった状態になります。

また、ハイヒールはつま先の部分が細くなっているデザインが多いので足も同じような形で固まっているということもよくあります。

足はアーチ構造で体の重みをうまく支えていますが、足の指や足の裏の筋肉が緊張で硬くなってしまうとアーチ構造も崩れてしまい体重をきちんと支えられなくなり、あちこちに痛みが出てしまいます。

足の指や足の裏の筋肉の緊張を緩めて足の指も真っ直ぐに伸ばし、落ちてしまっていた足のアーチも改善してあげればだいたいの人は土踏まずや足の甲の硬さも解消されます。
立って体重をかけたり足踏みをしても痛みを感じることもなくなります。

さらに全身の筋肉の緊張を緩めて立ち方を修正し、歩き方の修正もして立ち姿勢、歩き姿勢が良くすれはスムーズな歩き方に戻ります。

ハイヒールを履いて適切に立ったり歩けるようになるとスタイルアップも期待できますから、有効なトレーニングツールになりますが、長時間になるとどうしても筋肉の疲労が出てきてしまいますから、こういうケアの仕方を知っておくとトラブルに悩まされることもなくなります。