「走る練習だけでなく筋トレもしたいが時間がない。どうしたらいいですか?」

ランニングスピードをアップさせるには走る練習だけではなく筋トレも必要だとわかっている一般のランナーの方は多いようです。
しかし普段仕事をしていると練習以外に筋トレの時間をわざわざ作るというのもなかなか難しいという悩みもよく聞きます。

筋トレというとダンベルやバーベルを使うものというイメージが強いようですが、ダンベルやバーベルを使って行うエクササイズもトレーニングの方法の1つですが、それがないと筋肉を鍛えられないというわけではありません。

また、筋トレで筋力を高めても最終的には走る動作で使えるようにまとめないといけないわけですから、走る練習の中に筋力を高めるような要素を入れてみるというのもありではないでしょうか。

一般的なウォーミングアップというと体を温める、筋肉を温めるといった筋肉を動かしやすくする準備というイメージですが、ランナーでゆっくりとしたジョギングから始めて徐々にスピードを上げていくようなこともやっている人も多いと思います。
これは走るための専門的なウォーミングアップですが、ようはその専門的なウォーミングアップの中に筋トレ的な要素を含んだものを入れてみるということです。

実際、一般のランナーの方にウォーミングアップの中で筋トレ的な要素を含めてやってもらっていますが、下半身の筋肉の付き方も変わってきています。
しかも走る動きに繋がるトレーニングなので走ってみても動きがスムーズで走りの感覚も良くなっているようです。

筋トレの考え方をちょっと変えてみると限られた時間を有効に使えるし、練習の質も高まるのではないでしょうか。

広告