「歩き方がおかしいんです。膝が内股になります。どうしたらいいですか?」

X脚気味の方から歩き方についての相談が来ましたが、歩き方がおかしいのは真っ直ぐに脚を出す感覚がわかっていない、内股になるようにいつも脚を使っていることが原因であることが多いです。
意識して真っ直ぐにしようとしても真っ直ぐに出すよりも内股にする方が辛くないのであれば意識している時には直るかもしれませんが、無意識では内股担ってしまうでしょう。

そういう場合には、意識して脚を動かすことよりも真っ直ぐに脚を出す「感覚」を伝えた方が改善も早いと思います。
無意識に真っ直ぐ出るようになれば元の内股には戻りにくいと思います。

試しにその場で足踏みをしてもらってみると膝が内側に入っていくような動きが見られました。
内側に入っていることを指摘すると意識して直そうとしましたが、太ももの筋肉が辛くなってきました。
普段こういう感じで歩いている、意識しても筋肉が疲労するからすぐに歩き方が戻ってしまうということが理解してもらえたようでした。

そこで脚を真っ直ぐに出す感覚を伝えました。
太ももに余計な緊張が出ない、脚がスッと出る、自分が意識して真っ直ぐに出そうとしている時との感覚と全く違うことがわかってもらえたようでした。

そうして改めて足踏みをしてみると意識しなくても脚が真っ直ぐに出るようになりました。
バランスも良くなりグラグラすることもなくなりました。
脚を上げても太ももは辛くないので筋肉の緊張も緩んで柔らかい筋肉になりました。
着地も足裏全体でフラットに着けるようになって地面からの反動をうまくもらえるようになりましたし、着地の衝撃がお尻の筋肉に届いている感覚が出てきました。
すると立った時の脚の捻じれもなくなり真っ直ぐに綺麗に伸びた脚になりX脚も改善が見られました。

歩くというのは「重心の移動」ですから、足踏みができれば体を前に進めていくように意識するだけで自然に脚もついてきます。
脚を一生懸命使う癖もなくなったので実際に歩いてみても内股になることはありませんでした。
歩いていても以前よりも体がスムーズに進むので楽になったようでした。

動きの癖を意識で直すには時間も労力もかかってしまいます。
あれこれ考えて歩く歩き方を指導するよりも感覚を変えてあげる方が一般の人には難しくなく、楽しく歩けると思います。

広告