「腰が落ちないように意識して走っているのにスムーズに走れなません。どうしたらいいですか?」

スムーズな走り、無駄なエネルギー消費を抑えるためにランニング姿勢に気をつけることは大切なことですが、意識して良い姿勢を作っても筋肉を緊張させるだけですのでやはり無駄なエネルギーを消費してしまうことになります。

マラソンや長距離のトップレベルの選手が走っているところを見ると跳んでいます。
100mのようなスプリントも弾みのパワーを利用して跳んでいますが、ランニングスピードが速くなると水平方向の意識が強くなるので弾む動きは見えませんが、写真やスローモーションでチェックしてみると跳んでいるのがわかります。

弾みを利用した走り方だと意識しなくても腰の位置は自然と高くなります。
ストライドも自然に伸びるのでランニングスピードも上がりますし、ゴールまでの歩数も減りますので脚の疲労を抑えることもできます。

しかし意識して弾もうとすると余計な筋肉の緊張が出るので早く疲れてしまったり、着地の衝撃で膝が痛くなることがあります。

市民ランナーでも脚の動かし方のような余計な意識をしなくても足裏全体でフラットに地面を踏み込む感覚が掴めるだけで弾んだような走り方になり、楽にスムーズに走れていますし、体力もスピードも徐々にレベルアップしています。

ランニングフォームの細かい意識よりも一生懸命脚を動かしたり、走ろうとしなくても楽にスムーズに進んでいく感覚を体験する方が簡単にランニングレベルは向上できるでしょう。

広告