筋トレをすると筋肉が太くなってスタイルが悪くなる?

筋トレ、筋肉を鍛えるという言葉を聞くと「筋肉が太くなる・大きくなる」、「ボディビルダーみたいになるのではないか」というイメージが強いのでジムでスタイルを良くしたいと思っている人で筋トレをしっかりやっている人をあまり見かけません。
筋トレをやっていても軽い重りで回数は多めだったり、なかには誰かとしゃべりながらトレーニングしているなんてことも。
言葉のイメージというのは難しいものです。

しかし、普段体を動かすことが少ないような人の筋肉の状態をチェックしてみると萎んで硬くなっています。
そんな状態では基礎代謝も下がってしまいます。

そんな筋肉を元の膨らみ、弾力に戻すことが必要です。
そのためにはそれなりの重さ、トレーニング負荷でトレーニングをすることも効果的な方法です。
軽い負荷でしゃべりながらやっているトレーニングでは筋肉を元の状態に戻すどころかさらに細くしてしまい目的とは逆の効果が出てしまいます。

セッションではスタイルを良くしたいという人でも姿勢を良くするためのトレーニング、エクササイズを行いますが、それなりの負荷をかけても適切なやり方でやればやった直後に使った筋肉を触ると筋肉が膨らみます。
ジムで指導していた時にはその様子を見ていた人が「すごい重さでやらせますね。」とよく言われましたが無理な重さをやらせていたわけではなく、その人の持っている筋力と目的に合わせて適切な数値に設定したらそのくらいの重さになっただけです。
自分の筋力、目的にあった負荷設定もわからず自己流でいいかげんな負荷でやっている人が多いだけのことです。

実際それなりの負荷をかけても軽過ぎる負荷でトレーニングしている人よりも姿勢や体のバランスが良くなってスタイルも良くなっています。
たった1回だけでもクライアントさんはトレーニングする前よりも状態が良くなっていることを実感されます。

なのでウェイトトレーニングをやりたくないという人はいません。
むしろ、「やった後にスタイルも良くなるし、体の調子も良くなるから筋トレのイメージが変わった」と仰います。

筋肉を鍛える、筋トレという言葉から連想するイメージがあまり良くないなら使う言葉を変えてみる、1回でそれなりに変化を実感させるということも大切なのではないかと個人的に思います。