「筋トレをやめたら肩こりが治ったのに筋トレを始めたらまた肩こりになった。どうして?」

筋トレでも弾力のある柔らかい筋肉にすることで肩こりを改善することはできますが、逆に肩こりを引き起こすこともあります。
ようは筋トレの「やり方の問題」です。

実際にトレーニングしているところを見ると動作に問題がありました。
胸や背中を鍛えるマシンでトレーニングする時に腕で一生懸命重りを押したり引いたりしていました。
マシンでのトレーニングは狙った筋肉を意識しやすいのでトレーニング初級者でも簡単に行えるのですが、動作のやり方に問題があれば残念ながら狙った筋肉には刺激は届きません。

エクササイズの最中ずっと腕や肩の筋肉が緊張させていたから肩こりが起こり、筋トレをやめたら肩や腕の筋肉を強く緊張させるようなことがなくなって筋肉の緊張もゆるんで肩こりが良くなったということでしょう。

しかし、筋トレをしないと筋肉が衰えてしまうからと思ってまた再開すると、やり方自体は変わっていないわけですからまた肩こりが再発してしまうというわけです。

同じマシンを使ったトレーニングを指導しているクライアントさんもいますが、肩こりになることもありませんし、むしろ弾力のある柔らかい筋肉になって扱う重量も増えて力強くなっています。

トレーニングで効果を出すためには何をやるかではなく、“目的に合ったやり方”でやることが重要です。

広告