強くマッサージしてもらっても肩こりがとれなくなってきた

肩こりで悩んでいる人も多くは姿勢が悪いために肩や首筋に余計な筋肉の緊張が見られます。
いくら凝っているところを揉んだり押したりして老廃物を流しても、その時は楽になりますが姿勢が崩れたままならまた同じように筋肉が緊張を起こし、肩こりが再発します。

凝っている肩や首を直接押したり、揉んだりしなくても崩れた姿勢を整えてみると肩こりは改善しました。

姿勢が悪くなると、「胸を張って、背筋を伸ばして」姿勢を良くしようとしますが、それは意識、筋肉を緊張させて無理に作った姿勢ですから長続きしません。
胸を張る時に肩を後ろに引く人が多いですが、無理に肩を引くと肩が本来の適切な位置からズレてしまい胸や背中、首筋が余計に緊張してしまいます。
こういう間違った良い姿勢の意識が原因で肩こりがひどくなっているケースもよくあります。

ですから、肩を本来の適切な位置に戻してあげるだけで肩こりが改善してしまったわけです。
やったことは肩を上下に軽く動かしただけです。
特に難しいことや高等なテクニックを使ったわけではありません。
軽く動かすためには体の前後の筋肉に緊張があってはいけないので緊張が均等に緩いところを見つけるのにコツがいりますが・・・

首こりもありましたが、骨盤のある部分に手を当てると左右の回旋運動や上下を向く動きもやりやすくなりコリが改善されました。

トレーニングを定期的に受けている人は体を動かすことで筋肉の緊張が緩み、体が軽くなる、楽になるのでだんだんマッサージをする必要がなくなっています。
肩こりはマッサージをしてもらうよりも体を動かす方が簡単に改善することができたりするものです。

広告