「歩く時、走る時の正しい脚の動かし方を教えてください」

ウォーキング、ランニングのアドバイスを求められることがありますが、なかには「着地は脚のどこからで足のどこで地面を蹴るのが正しいのか?」というような細かい脚の動かし方を尋ねられます。

個人的には「高い位置に置いた重心を前に進めていけば脚は自然についてくる」と考えていますので脚の細かい動かし方をアドバイスすることはありません。
消費エネルギーを多くしたいならそういう意識も使えますが、スムーズに歩いたり走るためには余計なエネルギーを使わないことも大切な要素だと思いますので脚を一生懸命動かしたり地面を蹴るような余計な動きを極力減らしていくようなアドバイスが中心になります。

歩き方に関しては難しくあれこれ考えなくても後ろから背中を押してあげれば体が先に進み脚は後からついてくる感覚が掴めます。
それだけで特別脚の動かし方を意識する必要はないということがわかります。

もっと簡単な方法は、足裏全体でフラットに着地した時の感覚を脳にインプットするというものです。
これをすると何も考えなくても自然に重心移動を利用した歩き方しかできなくなります。

走り方に関しては「お尻叩き」のドリルをすれば走るという動きのイメージが変わります。
踵でお尻の一番高いところを叩くこのドリルでは地面を蹴ったり、一生懸命動かしても体は進みません。
しかし、体を前に倒していくと前に進んでいき、あるところまで倒すと自然に走り出してしまいます。

「体が前方へスムーズに進んでいく」感覚がインプットできれば細かい手脚の動きを特に意識しなくてももう少し楽に歩く、走ることができると思います。
ランニングスピードを上げるのにもこういう考え方は使えると思います。

広告