トレーニングの考え方

運動不足だと筋肉が硬くなってしまうのか?

体験トレーニングを受けに来る人は筋肉が緊張して硬くなっている人が多く、だいたい運動不足です。
運動というと筋トレをしたりスポーツをすることのように思われがちですがそうではありません。

筋肉を使っていないために硬くなっているのですから、必要なのは「筋肉を縮める→緩める」ような運動です。

筋肉が硬くなるとだいたいの人がストレッチングで硬い筋肉を伸ばそうとしますが縮んで硬くなっている筋肉を引っ張っても柔らかくなりません。
柔らかくなるどころか縮んでいるところを無理に引っ張られますから緊張が緩むどころか余計に緊張します。
ストレッチングをいくら頑張っても筋肉が柔らかくならないのはそういう理由からです。

筋肉の長さを長くしようとするから無理に筋肉を伸ばそうという発想になってしまいますが、元々の太さ、弾力に戻すという発想で考えてみれば筋肉を縮める→緩めるという運動を繰り返すという発想もありになります。

実際にそういうイメージで動かしてみると筋肉は膨らんで弾力のある柔らかくなります。
特別な道具も必要ありませんからいつでもできますし、全く辛さもありません。
むしろ動かした後は体が軽くなります。
ちょっとした重りを使ってやるとさらに筋肉の膨らみを感じられます。
しかし弾力性が失われることはありません。

運動不足、体が硬いというとマイナスを取り戻すためにもっと頑張ってきついことをしないといけないというイメージを持ってしまいますが、アスリートではない一般の人に大切なのは、「毎日を元気に過ごす」ことです。
そのためにハードな運動をしないといけないというようなことはありません。
いつも筋肉を元気な良い状態に保つために「体を緩める」ような運動を取り入れてみればいいだけのことです。

広告