速い動きで筋トレをすればスイングスピードは速くなるのか?

「ウェイトトレーニングと実際のスポーツの動作ではスピードが違うからスポーツパフォーマンスを高めるにはスピードを高めることが大切ですよ。だからウェイトトレーニングでもに動作スピードを速くしましょう、スイング系の競技をやる人はダンベルや重りを速く振るようなトレーニングもしましょう。」と言う人がいるみたいですが、そもそもバットやゴルフクラブよりも重いものを今より速く振れるはずがありません。
クラブやバットより重いもののを動かすスピードは遅くなります。
重いものをいつも振っているバットやクラブと同じくらいのスピードで振ろうとすればケガをする可能性が高くなります。

ゴルフをしている人の相談でヘッドスピードを上げたいというのも来ます。

そういうケースでは、いつも使っているものよりも少し重いものと少し軽いものを振らせるだけで簡単にスイングスピードは速くなります。

重いクラブは速く振ることができませんから、全身を使ってゆっくり大きく振ってもらいます。
そうすることでゴルフに必要な筋力も高まりますし動きのバランスも整います。
それでいつもの重さのクラブを振りやすくなり軽く振ってみてもスイングスピードが自然に上がります。

少し軽いクラブを振るのは「速いスイングスピードを体感する」ためです。
一般の人に多いのは自分でスピードを出そうと腕の力で振ろうとするものです。
そういうスイングは余計な力みを生むだけでスピードアップどころか減速にしかなりません。
ですが、軽いものは余計な力を入れなくても軽く振ることができますから今よりも速いスイングスピードを簡単に体験できます。

ウェイトトレーニングを姿勢・体のバランスを整える目的で行うケースもあります。
その時にはスクワットやデッドリフトをやってもらいますが、動作スピードではなく「体の使い方」、「動きの手順」に気をつけてやってもらいます。
重いものを速く持ち上げようとすれば余計な力みが出てしまいます。
その癖が実際のゴルフの時に影響してショットの安定感をなくしてしまいます。
だから「重いものを楽に持ち上げる」ような動作のやり方で行います。
速く振るためが目的ではなく、クラブを振るためのベースの筋力を高めるためにウェイトトレーニングを行うからです。
なので意識することはそれなりの負荷をかけても適切にきちんとバランスをとりながら体を動かすことです。

重いものを楽に上げる動作でトレーニングを行った後は当然体が軽くなり、動かすのが楽になります。
ダンベルやバーベルよりもはるかに軽いクラブを持っても力むことはありません。
バランスをとりながら行うことで体のバランスも良くなります。

パワーというと「筋力」をすぐにイメージしてしまいますが、スポーツパフォーマンスで大切なのは「スピード」です。
スピードを高めるには何が大切かがわかっていればダンベルや重い棒を振るような単純なトレーニングでスポーツパフォーマンスが上がらないことは簡単にわかります。

広告