その他のお悩み, トレーニングの考え方

スクワットでしゃがめないのは足首が硬いせい?

スクワットでしゃがめないと「足首が硬い」とよく言われますがしゃがめない原因の多くがそもそもの立ち方に問題があったりしゃがむ手順の問題です。

姿勢が悪いのにお尻を低い位置に下げていこうとすることに無理があります。
猫背のように頭は前、背中は丸くなって骨盤は後ろに傾き、膝が曲がっているような状態でしゃがもうとすればお尻は前にいこうとするので深くしゃがむことは困難です。
動く前に、まず基本の“立つ”ということを見直してみることです。
それだけでもしゃがむ動作がやりやすくなります。
そのために効果的なのが体をゆるめて筋肉の緊張度のバランスを整えることです。

次にしゃがむ動作の手順ですが、しゃがむ時に膝やお尻からしゃがもうと股関節から曲げていくと腰は後ろに引けるような形になり上体は前に傾きます。
膝から曲げれば少し下がったところまではいけますが、それ以上しゃがもうとすると股関節や足首が曲げにくくなり、上半身だけでなく下半身にも力が入り、スムーズにしゃがむことができません。

しゃがむ時は膝やお尻からではなく、足首からゆるめて腰を下ろしていくようにすると太ももの前でブレーキをかけることなくスムーズにそれなりの深さまでしゃがめるようになります。
足首に必要な柔軟性は足首を大きく曲げられる柔軟性ではなく、手順良くゆるめられる程度の柔軟性で十分です。
いきなり深くしゃがむことができなくてもスムーズなしゃがみを繰り返していると筋肉の緊張も緩んで徐々に深くしゃがめるようになりますし、体のバランスも良くなって余計な力を使わなくても楽に立てるようになります。

しゃがむという動作1つとっても姿勢、体の使い方というのがそれなりに必要です。
筋肉は生まれつき柔らかいものです。
硬いとすればそれはそのように使っている、使われている結果です。

広告