トレーニングの考え方, 姿勢改善トレーニング

筋肉を緩めすぎたら力が入らなくなるというのは本当か?

ジムでも体が硬いという人が筋肉を緩めるためにストレッチングを入念にやったり最近では筋膜リリースといって道具を使ってゴリゴリやっていますが一般的な「筋肉を緩める」というのは硬い筋肉を柔らかくして柔軟性を改善するための手段です。
だから緩めすぎると力が入らなくなるというのも自然なことです。

私が言っている筋肉を緩めるというのは「元々の筋肉の大きさ・弾力を取り戻すこと」です。
最終的には重力に対して立てないといけないので力が入らないほど緩めすぎてはダメで、程よい緊張も必要です。
そのバランスが一番良いのが元々の大きさ、弾力です。

肩こり、腰痛、ひざ痛、猫背、反り腰、X脚・O脚などいろんな不調の相談が来ますが、そのほとんどが姿勢が崩れていて、筋肉は緊張で硬くなっています。
筋肉を緩めて筋肉の緊張をほぐしていきますが、筋肉がただ柔らかくなるだけでなく膨らみます。
全身の筋肉が元の元気な状態に戻るだけで骨格ラインも整って姿勢が良くなれば重力が歪にかかることもないのでそういった不調も改善できてしまいます。

ノーマルな筋肉の状態に戻るだけでも歩いたり走ったり、ゴルフのようなスポーツをやっても楽に大きな力を発揮できるのでパフォーマンスが良くなります。

筋力は筋肉が伸び縮みすることで発揮されます。
柔らかい筋肉で伸び縮みが大きくできる筋肉と力が入りっぱなしで硬くてほとんど伸び縮みしない筋肉のどちらが大きな力が発揮できるかは誰が見ても結果は明らかです。

ただ柔らかいだけでなく、弾力のある元気な筋肉にしてあげるために「体をゆるめる」というのは効果的な方法なんです。

広告