太ももの裏が硬くて座って膝を伸ばして前屈できない。どうすれば柔らかくなる?

ジムのストレッチスペースでは日々たくさんの人がストレッチングに取り組んでいますが、太ももの裏が硬い人がこんな風に前屈に苦戦している光景をよく目にします。

ab31381d5ebdc3c29233838509acc70e_s

柔らかい人は脚を真っ直ぐ伸ばしても楽々できますが、硬い人はそもそも脚を伸ばすだけでも辛く、体を前に倒すというのはさらに困難です。

「硬い人は膝を曲げて行いましょう」と言われますが、硬い人にとっては体を前に倒すだけで太ももの裏の筋肉が突っ張るのでその姿勢をとること自体が困難です。

そんな人から相談を受けたので、座布団を曲がった膝の裏に当てた状態でストレッチングしてみてもらいました。
すると前屈をしても太ももの裏の突っ張る感じがなくなってストレッチングが楽々できるようになりました。
筋肉が柔らかくなったところで立った状態で前屈をしてもらうと手が楽々床につけられるようになりました。

また、膝は伸ばせるけれど上体が前に全く倒せないという人がいましたが、その人にはお腹のところに折り曲げた座布団を入れて前屈してもらうと筋肉が柔らかい人と同じように前屈が楽々できるようになりました。

筋肉を柔らかくするために必要なのは「リラックス」です。
呼吸も1つの方法ですが、「隙間を埋める」ということも力が入って硬くなっている筋肉の緊張を緩める方法です。

ただ膝を曲げても膝は宙に浮いているわけですから、脚の重さを支えるためにどうしても力が入ってしまいますが、脚を何かに預けることができれば力を入れて支える必要もなくなります(柔らかい人は膝裏を床につけることで脚の重さを床に預けているわけです)から、自然と筋肉の緊張も緩んでリラックスします。
リラックスすれば筋肉も伸ばしやすくなり前屈も楽々できるようになるというわけです。

タネをバラしてしまえば「たったそれだけのこと」ですが、リラックスを引き出せば筋肉は柔らかくなるわけですから、そのためにどうするかというだけのことです。