「脚を痛めて走れない時でも走力の維持に役立つ効果的なトレーニングはありますか?」

走っていて脚を痛めたという人からこういう質問を受けることがありますが、持久力のレベルがダウンしてしまうとレベルを戻すまでに時間が必要になりますから今のレベルからダウンしてしまわないように動かせるところを使って心臓に刺激を与えるということは必要ですが、こういった人にもっと必要なのは姿勢の見直し、ランニングフォームの見直しでしょう。

いくら痛みが引いたとしてもランニングフォームに問題があればまた痛みは再発します。
ランニングブームもあってジムでも走っている人は多いですが、脚を痛めて走れない間ストレッチングで体をケアしていても走り出すとまた痛くなって走れなくなったというような人も大勢みかけます。

走り方の悪い人は歩いている姿をみてもバランスが崩れていて歩き方にも問題が見られます。
そして歩き方の悪い人で立ち姿勢が良い人もいません。

速く走るには手脚を速く動かすことができなければいけませんが、崩れた姿勢だと関節本来の自然な動きができなくなりぎこちない動きしかできず、手脚を速く動かすことは難しくなります。
しかし、「骨で立つ」自然な良い姿勢に戻せば関節の動きも本来の自然な動きになり手脚もスムーズに動かせるようになります。

そのうえでスムーズなランニングフォームを身につけるための動きのトレーニングを行えば走っても痛みが再発することもありませんし、ランニングスピードも高まるでしょう。

ランニングをしたこともない人が自然な良い立ち方、スムーズな歩きを身につけたうえでランニングにチャレンジしていますが、体を痛めることもありませんし、少しずつですが走る距離も伸びていますし、ランニングスピードも向上しています。

アスリートではない一般のランナーは故障しない走り方を身につけることが筋トレや持久力を高めるためのトレーニングよりもはるかに重要です。

広告