「走っていて膝に痛みが出た時に鍼、マッサージ、整体のどれが一番効果的ですか?」

走って痛みが出るということは、「走り方」に問題があるわけですからマッサージをやろうが整体へ行こうが、鍼を打とうが何をやってもその時は痛みが良くなってもまた走り出せば痛みは再発します。

もっと言えば、歩き方が悪いのに良いフォームで走ることはできません。
立ち姿勢が悪いのに綺麗な歩き姿勢で歩くことはできません。
トップレベルのアスリートで姿勢の悪い人、歩き方のひどい人はいません。
歩いているところを見ていてもその動作の滑らかさ、姿勢の美しさに惹きつけられます。

まずは立ち姿勢を直すことです。
それには全身の筋肉を緩めることです。
そうしてリラックスした自然な良い姿勢で立てるようになれば歩いても体が楽に進んでいく感覚が出てきます。

それからランニングフォームを見直すことです。
特に「着地」の部分は重要です。

脚を一生懸命動かして走る人は必ず脚が体より前に出ますが、そうすると脚がつっかえ棒のようになります。
着地の衝撃は体重の3〜5倍ですが、脚を前に出して踵から着くような着地だとふくらはぎや膝に大きな負担がかかります。
そんな動作を何百回、何千回と繰り返せば当然筋肉も硬くなりますし、関節にも大きな負担がかかり痛みが起こります。

しかし、足裏全体で「フラットに着地する」と着地の衝撃が脚全体に分散され、どこか一部だけに大きな負担がかかるようなことがなくなり、脚が痛むようなこともなくなります。

何かをすると起きる痛みは痛みに対する対症療法よりも、「体を緩めて姿勢を整える」、「体の使い方のトレーニング」といった根本的な改善の方が大切です。

広告