「ダイエットするなら筋トレが必要」は本当か?

ジムで指導していると「運動不足で筋肉が落ちて基礎代謝も落ちてるんだけど、食欲は落ちないから体重が増えちゃって・・・痩せるために食事を減らして筋肉を鍛えて基礎代謝を上げないとね〜」といった会話があちこちから聞こえてきます。

そういう人達もとりあえず筋肉を大きくするために鍛えるトレーニングにチャレンジしますが、1回はなんとかできても徐々に筋トレをしなくなり、長時間歩くような有酸素運動中心のトレーニングに変わってしまいます。

それは当然です。筋肉を鍛えて大きくするには楽はできません。厳しいですし、きついですし、辛いものです。

体重を減らしたいけどきつい筋トレが続かないとなると残る手は食事制限です。
よくあるパターンは米は食べない、野菜をたくさん食べるためにサラダ中心、足りない栄養はサプリメントに頼るといったものでしょうか。
こんなダイエットでも一時的に体重が減りますが、そんな食生活がずっと続くはずがなく、また今まで通りの好きなものを好きなだけ食べるパターンに逆戻りして見事にリバウンド・・・

果たして基礎代謝が下がってしまった人は筋トレで筋肉を鍛えて基礎代謝をアップさせないといけないのでしょうか?
下がってしまったから上げるというのも間違ってはないと思いますが、下がったのならまずは元の状態に戻せばいいのではないでしょうか?
元に戻せばいいと考えれば、筋肉を鍛えるようなハードなことをする必要もなくなります。

減量目的の人の依頼を受けてトレーニングを見ていますが、筋肉を鍛えるようなハードな筋トレなんてしてませんが、トレーニング開始前よりも基礎代謝も上がっています。食事制限をしなくても体重も順調に減っています。

やっているトレーニングは「筋肉を元の太さ、弾力に戻す」ことです。
身体調整で硬くなったり縮こまった筋肉を緩めてあげ、トレーニングも「筋肉を膨らませて弾力性を取り戻す」ためにそれなりの重さを使うこともありますが筋肉を鍛えるようなハードなトレーニングはなしです。

筋肉を元の太さに戻すだけなので厳しいこと、きついこと、辛いことをする必要はありません。
呼吸に合わせてスムーズに気持ち良く体を動かし続けれて筋肉を縮める→膨らませるということを繰り返すと1セット終わるごとに筋肉が膨らんで弾力が出てきます。
3セットもやればトレーニング前よりも筋肉の太さ、弾力性が変わったことがわかります。
血液の循環が良くなって体が温かくなることはあっても息が切れたり、辛くて体を動かすのが大変なんてこともありません。
そういうトレーニングを全身の筋肉に対して行えば筋肉は適度な緊張はありながらも緩んでいるので姿勢も良くなります。体も軽くなって終わった頃には歩いてもスムーズに前に進めるようになります。

基礎代謝を高めるための別のポイントは「体温」です。
体温が上がれば基礎代謝は簡単に上がります。
そのためには「血液の循環」が重要になります。
筋肉を元の太さ、弾力に戻すには血液の循環を良くするという方法もあります。
だからきついことをしなくても良い結果が出ているわけです。

しかし、トレーニングで血液の循環を良くして筋肉を元気にしていくのに食事を減らして栄養が不足してしまえば筋肉は良い状態を維持することはできません。
「あなたはあなたの食べているものでできている」というような言葉がありますが、この考え方は大切です。
なので食事は今より食べ過ぎないようには注意していただきますが、基本的にはきちんと食べてもらっています。
食事制限というよりは食事内容を変えてもらうといったところです。
何でも食べていいというわけでなく、できるだけ良い体を作る材料になるようなものを摂ってもらいたいので基本的にはお米を中心とした食事を1週間の中でできるだけ回数を増やしてもらうといった程度の変更もです。

管理栄養士ではないので細かい栄養バランスやカロリー計算なんてできませんが、日本人に馴染みが深い食事は和食ですからね。
それでちゃんと結果も出ていますし、間食をしないように我慢しなくても自然と甘いものを食べる回数が減ってきたというような行動の変化も見られています。

食事制限でカロリーを減らす、筋トレで筋肉を鍛えて基礎代謝をアップさせるというのも間違ってはいないと思いますが、そんな我慢や辛いことを頑張り続けられる人ばかりとは限りませんから、視点、考え方を変えてみることも必要ではないでしょうか。

広告