ヒールを履いて歩いていると足首が痛くなるのを改善するにはどうしたらいい?

ハイヒールを履いた時の適切な立ち方、歩き方を知らないせいで痛みに悩む人から相談が本当に多いです。

整体やマッサージに行って硬い筋肉をほぐしたり、姿勢を矯正しても、一番楽な姿勢が崩れた姿勢でインプットされてますし、ハイヒールを履いた時の体の使い方に問題がありますから痛みが改善することはありません。

今回は足首の噛み合わせが悪く、足首を動かすとポキポキ音が鳴るような状態で相談に来られました。

体はゆがんでいて、脚は捻じれて曲がっていましたので、全身の筋肉を緩めて筋肉の緊張をほぐすことにしました。
上半身を緩めて、太もも全体の緊張を緩めていたところ、足首の噛み合わせの悪さ、ポキポキ音がなくなり痛みがスッと軽くなりました。

立ってみても体のゆがみ、脚の捻じれもなくなり真っ直ぐ綺麗に伸びるようになりました。
歩いてみても軽く、痛みを感じることはないようでした。
重心の位置のアドバイスだけでさらに歩きが軽くなり、歩く速度も速くなってしまいました。

普通の靴でも脚を前に出して歩けば自然に踵から着地するようになるわけですが、そんな歩き方の人がハイヒールを履いて踵が上がった状態で歩いて踵から着地しようとすれば当然きちんと着地することができず足首や股関節にストレスが蓄積され、限界を超えると痛みが起こります。

ハイヒールを履くためにはそのための適切の立ち方、歩き方を知っていないと関節を痛めてしまいますが、ハイヒールはヒップアップして真っ直ぐな綺麗な脚にするための最適なトレーニングツールです。
「ハイヒールでの立ち方、歩き方のトレーニング」というものがあります。
知っていると知らないとでは結果に大きな差が出ますね。