「膝の内側が痛むんです。どうすればいいですか?」という相談

膝が痛いというとお皿の上辺りが痛いというのが多いですが、内側が痛むという人もいます。
痛みの出る場所に違いはあっても、痛みが出る原因は共通しています。

膝の内側が痛いが、病院に行っても特に骨に異常はなく、「筋肉を鍛えるように」と言われたので筋トレをしてもストレッチングをしたが痛みは治らず、治療院やマッサージに行っても良くならないと悩んでいる人の相談を受けました。
姿勢を見てみると真っ直ぐ立てていません。
脚が捻れていてO脚になっています。
いくら筋トレで太ももの筋肉を鍛えたりストレッチングで硬くなっている筋肉を伸ばしても脚が真っ直ぐにならなければ痛みが改善することはありませんが、きつい筋トレやストレッチング以外にも捻れてO脚になっている脚を真っ直ぐにすることはできます。

それが「筋肉を緩めること」です。
捻れている脚だけを直そうとしても全身のゆがみ、姿勢の崩れは直せませんが、姿勢や体のバランスを整えれば捻れてO脚になっている脚も真っ直ぐな綺麗な脚になります。
それで膝の内側の痛みも軽くなります。

トレーニングは主に日常生活動作の見直しです。
ひざ痛の多くは歩き方、イスの腰掛ける・立ち上がる・階段の昇り降りのような脚を使った動作で膝に負担がかかるような動作、脚が捻れてしまう動作が見られます。

ひざ痛の原因となる動きの癖を見つけてそれを直してきちんとした使い方にすれば筋肉を鍛えなくても痛みは改善します。
きちんとした脚の使い方をしていれば真っ直ぐな綺麗な脚を維持するために必要な筋肉も自然と作られます。

膝の内側という部分的な痛みがあっても痛みの出ている部分ばかりに囚われず、全身をきちんと見直すことです。

広告