スクワットをすると膝がポキポキ鳴る。関節に問題があるのか?

スクワットをすると膝がポキポキ鳴るということは関節がスムーズに動いていない、きちんと噛み合っていないことが考えられます。
スクワットのやり方に問題があるということです。

クライアントさんが歩いたり階段を昇り降りやイスにしゃがむ動作で膝に違和感を覚えるという相談が来ました。

まずは、いつもどのようにやっているのか動きをチェックしてみましたが、しゃがむ時に膝からポキポキ鳴る音が聞こえました。

姿勢をチェックしてみると骨盤は後傾して上体が後ろに倒れ、膝を曲げるような感じで立っていました。
立ち姿勢が悪いのにスクワットのようなしゃがんで立ち上がる動作がスムーズにできるはずがありません。

問題を解決するにはまずは崩れた姿勢から本来の自然な立ち方に戻す必要があります。
そのためには全身の筋肉の緊張を緩めて筋肉の緊張度のバランスを整えることです。
立ち姿勢が良くなった状態でスクワット動作をやってみると先ほどよりも動きがスムーズになり膝を曲げても音が鳴らなくなりました。

立ち姿勢が良いと良い歩き姿勢になるように、日常生活で何気なくやっている動作は姿勢に深く関係してきます。
イスに腰掛けたり立ち上がる動作はスクワットの動きと同じです。
その動作がスムーズにできれば自然と立ち姿勢も良くなりますが、その動きに問題があれば立ち姿勢は崩れてしまいます。
いろんなところで繋がっているということです。