「走っていると足にタコやマメができてしまいます。どうしたらいいですか?」

一流のランナーは速く走ったり、長く走っていても足裏はとても綺麗でタコやマメができることはないそうです。
逆に下肢の故障や痛みを抱えている人の足の裏にはタコが見られます。

走っていると足にタコができてしまう理由で多いのは『走り方』の問題です。

靴のサイズが合っていないということもありますが、今まで見てきた人の中ではランニングフォームや余計な意識が原因で足裏への体重のかかり方の癖があります。

そういった場合には、着地のやり方を含めた走り方を修正しますが、フラットに着地するような意識でも体がどんどん前に進んでいくような感覚を教えてあげると意識しなくても踵から着地してつま先で地面を蹴っているような動きになります。

しかし、意識してそういう動きをやっているわけではないので足の筋肉の疲労などは少なくて済みます。
それでいて動きはスムーズなのでランニングスピードもアップします。

ランニングをしている人で足の裏にタコがある人は、その走り方を続けていると故障や痛みを引き起こすリスクが高いので、適切なフォームを身につけることをお勧めします。

広告