「歩いているといつも右に傾いてしまいます。真っ直ぐ歩けるようにするにはどうしたらいいですか?」

真っ直ぐに歩いているつもりなのに右に傾いて進んでしまうという相談を受けました。

姿勢をチェックしてみると、立った姿勢が猫背でO脚気味とすでに脚が真っ直ぐに使われていませんでした。
歩き方をチェックしてみると歩くと右足のつま先が必ず外を向くので右脚は真っ直ぐではなく、外側に出るために右側に傾いて進んでしまっていました。

そこで脚の動きのイメージ、フラット着地の感覚を脳にインプットするアプローチを試してみました。
片足ずつやって変化を感じてもらったのですが、問題の右脚の動きは短時間で修正され、真っ直ぐにしか出なくなり、しかも足裏全体でフラットに着地できるようになりました。
すると右脚が真っ直ぐに伸びて脚が長くなりました。

同じように左脚も行うと、O脚が改善され真っ直ぐに伸びた綺麗な脚になりました。
それだけでなくヒップアップした良い立ち姿勢になりました。

このケースのように悪い歩き方を直すというと一般的には、「着地はこうやる」、「足の指で地面を蹴る」などいろいろなことを意識をしたり、させるような指導が多いですが、そんなことをしなくても自然な動きというものを脳に理解させると意識しなくてもそうしかできなくなります。
踵から着地して体重がつま先に移っていくというのは自然にやるとそうなる動きであって、意識してやるものではありませんし、意識してやらなくていいので脚が疲れることもありません。
楽に軽く歩けるので歩くスピードが勝手に上がって速くしか歩けなくなってしまいます。

いろいろなことを考えて歩くよりも何も考えなくてもスムーズに歩けてしまう、その上真っ直ぐ綺麗に伸びた脚になってしまう方が体を動かすのが楽しい、気持ちいいと感じるはずです。

広告