「歩いているといつも人に抜かれていきます。速く歩けるようになるためにどうしたらいいですか?」

年配の方から歩く速度が遅くなっていることについての相談をよく受けます。
弱くなったり、遅くなったりというと筋力の衰えが原因と考えて筋トレで脚の筋肉を鍛えるような指導をするのが一般的ですが、例えばスクワットをして脚を鍛えても必ずしも「歩く」という動作の力強さに繋がるとは限りません。

そもそも歩く速度は脚の回転速度と歩幅によって決まります。
歩くのにそれほど早い脚の回転は必要ありませんので、考えられる原因は「歩幅」になってきます。
街を歩いている年配の方を見ても脚を一生懸命動かしていてそれなりの早さでは動かせていますが、歩幅は狭く脚をたくさん動かしている割に全然体が進んでいません。

ということは問題を解決するには歩幅を広げることになってきます。
歩幅を広げるというと「大股で歩く」ことだと思われがちですが、脚をいくら前に出しても体は前に進みません。
歩幅を広げるというのは脚を大きく前後に広げるのではなく、「体を前に移動させる」ことです。
そのためには片脚(軸足)でバランスを取れなければいけません。

軸足がグラグラしてしまうとこけないように足をすぐに着かなければいけませんが、軸足で自分の体を支えることができるとその分体を前に大きく運ぶことができます。
その結果脚が前後に大きく開いたようになり大股になるというわけです。

そうすると歩幅を広げるために必要なのは、筋力強化ではなく片脚一本でバランスを取るトレーニングです。
バランスを取るというと脚をピーンと伸ばして立とうとする人が多いですが、それが一番バランスを取るのが難しいですし、実際に歩いている時に膝を伸ばし切るようなシーンはありません。
脚を伸ばして着地するのは止まる時です。

実際のトレーニング指導の中でやるのは、立った状態から一歩踏み出して接地した脚で体を支えてバランスを取る練習です。
1歩目があって2歩目、3歩目があります。
まずは1歩で左右きちんとバランスが取れるようにします。
それだけで歩幅が広がり、脚を早く動かすようなことをしなくても歩くスピードが早くなります。
歩く速度が気になってきた方は片脚バランスをチェックしてみましょう。

広告