感想「筋肉って柔らかくなると膨らんでふわふわになるんですね」

“筋肉は硬いもの”というイメージを持つ人は多いようです。
崩れた姿勢でずっと力を入れ続けた結果出来上がった筋肉は緊張で硬くなっていますが、「骨で立つ」自然な良い姿勢の筋肉は柔らかく弾力があります。

体が硬い人が筋肉を柔らかくするためにすることといえばストレッチングが多いですが、ストレッチングは筋肉を引っ張りますから伸びて長くはなりますが、弾力は出ません。
しかし、体を緩めると筋肉本来の自然な膨らみ、弾力を取り戻せます。

腰のひどい張りで悩んでいる人から相談を受けました。
姿勢をチェックしてみると猫背気味、骨盤の向きも捻じれていて左右の肩・腰の高さが違っていました。
筋肉を触ってみてもずっと悪い姿勢で力を入れ続けていたので緊張でガチガチで弾力も低下し、萎んでしまっていました。

そこで全身の筋肉の緊張をゆるめてみると、

「硬いのが筋肉だと思っていたんですけど筋肉って柔らかくなると膨らんでふわふわになるんですね。
ヒップも上がってスタイルも良くなるし、姿勢も良くなった。
腰も痛かったのに楽になって体も軽い。歩いてみても脚が軽くてすごく楽です。
全然力を入れていないのに。不思議な感覚です。」

と驚いていました。
肩甲骨を動かして体幹の筋肉の緊張をゆるめ、骨盤の向きを整えるためにお尻の筋肉をゆるめました。
猫背というと肩甲骨周りの筋肉が硬くなるくらいのイメージが強いですが、実はお尻の筋肉が縮んで固まり垂れたように見えてしまいます。
猫背の姿勢を直すためには胸や背中の筋肉の緊張を緩めるだけでなく、お尻の筋肉の緊張を緩めることも大切です。
そしてお尻の筋肉をゆるめると筋肉の弾力が戻り、ヒップアップしたスタイルになりました。

最後に太ももの筋肉の緊張をゆるめると捻じれていた脚も真っ直ぐに伸び、骨で立つ自然な良い姿勢に戻りました。
腰の痛みもあったようですがそれも軽くなり、ハードな筋トレをしていないのにヒップアップしたスタイルになったことが一番驚きで嬉しかったようです。

ジムでも硬い筋肉を柔らかくしようとストレッチングで硬い筋肉を一生懸命伸ばし、ヒップアップするためにお尻の筋肉の鍛え、腰痛を治すために腹筋を鍛えるというように効率の良くないトレーニングをしている人が多いですが、体をゆるめて弾力を取り戻し姿勢を整えれば楽に達成することができるんです。

広告