感想「食事を減らしているわけでもないのに最近体重が勝手に減っていくんです」

この時期になると体重を減らすため、気になる部分のたるみを引き締めるためにきつい筋トレをやったり、汗をたくさんかくくらい長時間歩いたり走ったりしている人がジムでも増えています。
ジムに入会するとまずは、「筋肉をつけて基礎代謝をアップさせると脂肪が減りますよ」とか「脂肪燃焼なら有酸素運動を20分以上やりましょう」という説明を受けますからその通りにしている、もしくはもっと頑張れば効果が大きいと思ってやるのでしょうが、いくら頑張ってもトレーニングで短期間に体重を減らしたり脂肪を減らすことは難しいことです。
短期間で結果を出したいなら食事を見直す方がいいでしょうね。

トレーニングで短期間で効果が見らるのはスタイルを良くするといったものです。
体重減少の効果を期待するなら長期間続けることです。
といってもきついことや長時間の有酸素運動をしないといけないというわけでもありません。

1年以上トレーニングを見ているクライアントさんが、「最近食事を減らしたり運動量を増やしたわけでもないのに勝手に体重が減っていくんです」ということを教えてくださいました。

当初はウエストを引き締めたいという依頼でした。
身体調整で体を緩めて姿勢を整えたり血液の循環、むくみの改善、身体を整えるトレーニングで弾力のある柔らかい筋肉をつくるということできついことは一切なし、汗をダラダラかくようなこともなく、トレーニング後に別に有酸素運動をするようなこともありません。
それでも毎回トレーニング後にはスタイルが良くなり、続けていくうちに徐々に全体が引き締まり、最近では気になっていたウエストも細くなりました。

体重は全く変わりませんでしたが、外食などでたくさん食べることがあっても2日もすると体重が戻って『太りにくいカラダ』になっていました。
食事や運動については以前とほとんど変わっていないのに体重が勝手に減ってきたというのは基礎代謝がアップしたということでしょう。

基礎代謝というとジムで説明を受けるように筋トレで筋肉を付けるというのも方法の1つですが、もっと効率よくアップさせる方法があります。
それは「体温を上げる」ことです。
体温が1℃上がると基礎代謝は10%アップすると言われています。
体温を上げる簡単な方法は『血流を良くする』ことです。

体を緩める身体調整や身体を整えるトレーニングは筋肉を大きくするようなきつい筋トレは行いませんが、硬くなっている筋肉の緊張を緩めたり、筋のポンプ機能を利用して血液の循環を良くしていきます。
ボディビルダーのような大きな筋肉はできませんが、全く違う方向から基礎代謝をアップさせます。
良い血液の循環はよほど体を動かさないか何かを頑張らない限りは悪くなることはありません。
ということは、いつも体温が高いまま、言い方を変えると基礎代謝が高い状態が続くということです。
だから食事や運動を特別変えなくても自然に体重がいいところまで減っていくのです。

頑張って筋トレや食事制限をしている人からすれば、楽して体重が減ってスタイルも良くなるというのは信じられないでしょうが、『考え方』が大切ってことです。

広告