「膝が痛いのにどうして上半身をゆるめるんですか?」という質問が来ました

ひざ痛というと、脚に問題があると思って太ももの筋肉のマッサージでほぐしたりストレッチングで伸ばして筋肉を柔らかくして痛みを治そうとしますが根本的な解決は見られません。

膝の部分に一番大きな問題が起きていますが、そこは原因ではなく「影響を受けた」部分です。
だからその部分にいろいろアプローチしてもなかなか良くならないのです。

脚に問題が起きているということは上半身にも問題が起きていることが考えられます。
先日、ひざ痛の相談を受けましたが、真っ直ぐ立ってもらいましたが上半身が捻じれていて肩や腰の左右の高さに違っていました。
股関節、膝、足首にも捻じれていて真っ直ぐ立っているつもりでつま先の向きが左右で違っていました。
そういった点から、痛みが出ている側の膝に大きなストレスがかかっていることがわかりました。

こういった体の状態でいくら脚の捻じれを直しても上半身が捻じれたままでは結局立てば姿勢が崩れてまた膝に大きなストレスをかけてひざ痛が再発してしまいます。

そこで呼吸、肩甲骨を動かすアプローチで体幹の筋肉の緊張を緩めてみました。
すると上半身の捻じれの改善が見られました。
それだけでなく脚の捻じれも少し改善が見られ、動かしてみても膝の痛みが軽減していました。
脚の筋肉の緊張も緩めると脚の捻じれもなくなり立っても歩いても痛みが気にならなくなりました。

全身は繋がっています。
膝が痛くても全身を見直す必要があるということです。

広告