「歩きはじめに膝が痛いんです。どうしたら良くなりますか?」という相談

こういうひざ痛の相談もよくありますが、こういった人は脚が真っ直ぐ伸ばせなくて、膝が痛いから普段あまり体を動かさないというのが共通して見られます。

脚がずっと曲がっているわけですから太ももの前の筋肉は硬くなっていますし、ほとんど体を動かさないから筋肉のポンプ機能が使われないので血液の循環も悪くなっています。
ですが、動いていると筋肉の伸び縮みやポンプ機能が行われるので痛みが良くなるのでしょう。

しかし、そもそもの原因は脚が真っ直ぐ伸ばせていないことですから、筋肉を緩めたり、股関節や膝の正しい動きをインプットすることが必要です。
そうすれば脚を真っ直ぐに伸ばして立てるようになり立ち姿勢が良くなります。

実際にそういったケースで指導した時には筋肉が固まってしまわないために脚を一生懸命使わない歩き方をアドバイスしましたが、楽に歩けるので自然と体を動かすようになって家の中でも動いている時間が増えると共に歩きはじめの痛みも軽減、改善されました。

固まらないために体を動かすという基本的なことですが、体が重いとなかなか動かす気持ちにもなりませんから、体の重みをとってあげることも大切です。

広告