高重量のスクワットやデッドリフトで起きた腰痛を改善するには

スクワットやデッドリフトをやると腰が痛くなるという場合、『トレーニングフォーム』に問題があることがほとんどです。

スクワットやデッドリフトをやると腰ばかりに効いてしまうという相談が来ましたが、どのようにやっているのか見てみると、やはりフォームに問題がありました。

スクワットは本などでよく出てくる「膝をつま先よりも前に出さない」ようにやっていました。
あれは太ももの前の筋肉を鍛えるには良いですが、スムーズにしゃがめないので腰の負担が大きくなってしまいます。
その上、高重量で行うわけですから腰が痛くなっても仕方ありません。

デッドリフトでは、上体が前後に動いてしまっていました。
デッドリフトは『下にあるバーベルを脚を使って持ち上げたり下ろす』エクササイズですので上体が動くことはないのですが、その上体が動いてしまえば腰に大きな負担がかかってしまいます。

ということで、フォームを直してスムーズにしゃがんで立ち上がるスクワット、脚を使ってバーベルを持ち上げたり下ろすデッドリフトにすると腰の痛みも気にならなくなりました。

スクワットやデッドリフトは最高の体幹トレーニングですが、ちょっとやり方を間違えると腰を痛めてしまいます。
適切なフォームでやることが大切ですが、本などでもきちんと説明してくれているものは少ないので自己流で適切なフォームを身につけるというのはなかなか難しいでしょうね。

広告