「鍼に通っていますがひざ痛が治りません。どうしたらいいですか?」という相談

治療院に通ってるのに治らないということは根本的な原因が解決されていないからです。
たしかにひざ痛の人は筋肉が硬くなっているところがありますので鍼を打って柔らかくするという方法もありますが、それで痛みが改善しないならもっときちんと原因を考える必要があると思います。

ひざ痛の多くは関節のあたりに痛みを感じます。
関節のあたりに痛みを感じるということは、関節がきちんと噛み合っていない、関節がスムーズに動いていないという理由が考えられます。
関節の噛み合わせや動きが悪いのに鍼を打って筋肉を柔らかくしても問題が解決しないのは当然です。

なので身体を調整して筋肉の緊張を緩めたり、股関節や膝の正しい動きをインプットして脚を真っ直ぐ伸ばせるようにしますが、ほとんどの場合それで痛みが軽くなります。
立ち姿勢が良くなったら、歩き方、イスの起立-着席、階段の昇り降りなど日常生活動作をチェックして膝に負担をかけるような動きを修正すると痛みが改善します。

治療院に通ってるのに良くならないという場合は、もっとちゃんと原因を考える必要があると思います。

広告