筋トレをすると体が硬くなるというのは本当か?

「筋トレで付けた筋肉は硬い」、「筋トレをすると体が硬くなる」とよく言われます。
たしかに自己流で筋トレをやっている人に体が硬い人は多いですし、本などにも筋トレをした後はストレッチングをしっかりやるように書いてあります。
しかし、それはやり方に問題があるだけで、きちんとやれば筋トレで柔らかい筋肉をつけることもできます。

トレーニングを見ている人はほとんどが体の硬い方です。
しかし、トレーニングをした後は筋肉は柔らかくなります。
それなりに重いものを使ってトレーニングをしていても筋肉が硬くなるようなことはありません。
終わった後は、「姿勢が良くなった」、「体が軽くなった」、「気持ち良い」と仰っています。

筋肉を付ける、太くするために一般的にやられているトレーニングは「軽いものを重く扱う」ようなトレーニングのやり方です。
筋トレをして硬い筋肉が付いている人は、重いものをとにかく一生懸命、力任せに持ち上げています。
重たいものを一生懸命持ち上げるためには筋肉を長時間緊張させることになります。
そういう動作を何度も繰り返せば当然出来上がるのは緊張で硬くなった筋肉です。
いくらクールダウンでストレッチングをしても、体を動かす時に余計な力を使ってしまうのであれば結果は変わりません。

私のトレーニングでは『重いものを軽く扱う』体の使い方を指導しています。
タイミング良く力を発揮すれば、筋肉を緊張させる時間は短くても大きなパワーが生まれます。
そうするとそれなりの重さを付けたバーベルなども軽く扱えます。
重いものを軽く扱うためには個別の筋肉で力を出すのではなく、1度にたくさんの筋肉を使ったり全身を使います。
筋肉も柔らかくなりますが、全身バランスよく強化することができるので肩こりや腰痛、猫背やO脚も改善されますが、自然とシェイプアップして引き締まったカラダになってきます。

硬い筋肉ができるのは筋肉が硬くなるようなやり方をしているだけで、柔らかい筋肉を付けたければそのための適切な方法でトレーニングすればいい、シンプルですがそこに落ち着きます。

広告