「腰痛持ちの人がやるといいトレーニングってありますか?」という相談

運動というと「筋トレ」のイメージを持つ人が多いですが、腰痛の人がやらないといけない運動は全身の筋肉の緊張をとって姿勢や体のバランスを整えるような運動です。
そもそも腰痛の原因は本来の自然な姿勢から崩れて不自然な立ち方になった結果、腰に大きなストレスをかけてしまっていることにあります。
そういうことから考えると姿勢を取り戻すことが効果的な運動になってきます。

姿勢を良くするというと腹筋や背筋を鍛えて丸くなった背中を真っ直ぐにしようとしたり、体幹を固めるようなトレーニングをやる人が多いですが、背骨はもともと真っ直ぐです。
背骨を真っ直ぐな良い位置に置くためにわざわざ大きな筋肉で強く引っ張ったりする必要はありません。

腰痛改善目的の方を見ていますが、肩甲骨や股関節を動かすエクササイズや呼吸で体幹の緊張をゆるめてバランスを整えることで腰の痛みも楽になっています。

呼吸が大きくできる人は少なく、特に腰痛のように体幹の筋肉が緊張でガチガチに固まっているような人は浅い呼吸しかできません。
体幹の筋肉の緊張を緩めて呼吸が深くできるようになれば姿勢も整い腰に負担をかける姿勢の改善にも繋がります。

また、前屈をしたりお尻を一番低い位置まで落としてそこでちいさくバウンドするような運動をしますが、そういった運動も腰やお尻周りの筋肉の緊張をゆるめる効果もあります。
しゃがむ動作というのは見た目よりも難しく、ほとんどの人がきちんとしゃがめません。
きちんとしゃがむためには両足の裏に均等に体重をかけないといけないので姿勢や体のバランスを整えるのにはかなり効果的です。

腰痛の人は筋肉を強化するよりも姿勢や身体のバランスを整えるような運動の方が効果的ということです。

広告