「体幹トレーニングをしたら腰が痛くなるのは体幹が弱いから」は本当か?

世間一般で言われている体幹トレーニングは仰向けや横向きでじっとして「体幹を固める意識を高める」ことを目的としたトレーニングです。

腰痛の人は立ち姿勢や座った時の姿勢に問題があるケースがほとんどなので、立ち姿勢、座り姿勢を直さなければいけませんが、仰向けや横向きでじっとするようなエクササイズがうまくできてもそれが立った姿勢に影響することはほとんどありません。

腰痛は自然な立ち姿勢から崩れて不自然な立ち姿勢になってしまったことで腰に大きなストレスがかかってしまっているわけですから、それを改善するには「体幹を整えて自然な良い姿勢を取り戻す」ことです。
そのためには筋肉の緊張をゆるめて全身の筋肉の緊張度のバランスを整えることです。
体幹を固めるトレーニングやベンチプレスやスクワット、腹筋運動をすることではありません。

また、体幹トレーニングをすると腰が痛くなるというケースもありますが、それは体幹が崩れた状態でそういったエクササイズを行なっているからです。
体幹トレーニングをするから体幹のバランスが整うのではなく、体幹を整えて支える、支えて動かすとエクササイズも効果的になります。

体幹トレーニングは大切ですが、その前に「どういう体幹、体幹の強さが必要なのか?」をよく考えましょう。

広告