スクワットに正しいやり方というのはあるのか?

エクササイズはきちんとやらないと思ったところとは違ったところに効果が出てしまうので効率良く結果を出すということにおいてエクササイズフォームというのはとても重要になります。

スクワットというと、「つま先より前に膝を出さないようにしゃがむ」というのが正しいフォームだと思っている人がたくさんいますが、それが必ずしも正しいフォームとは言えません。
そんなフォームでしゃがんでみるとしゃがみにくくて仕方ありません。

こういうフォームでやっている人に「スクワットで深くしゃがむことができない」と悩んでいる人もいます。

やってみればわかりますが、つま先より前に膝を出さないようにしてしゃがもうとすればバランスを保つので精一杯で深くしゃがむことなんてできません。
膝をつま先よりも前に出さないと一番低いところまでお尻は落とせないんですから。

スクワットは、『しゃがんで立ち上がる』動作です。
しゃがむのに難しい説明や細かい意識は必要ありません。
地球上には「重力」という便利なものがあり、重いものは重力によって下に落ちるのが自然なのですから。

それなのに「腰や太ももの裏側の筋肉が硬いから骨盤が後傾してしまっていますね。腰や太ももの裏側のストレッチをして筋肉を柔らかくしましょう。筋肉が柔らかくなればしゃがめるようになりますよ。」とトレーナーが説明するから余計にスクワットが難しくなってしまいます。

余計な意識やアドバイスによっていろんなことを考え過ぎてしまい、結果として筋肉を緊張させ、それが動作にブレーキをかけてしまうからさらにしゃがみにくくなります。

「太ももは床と平行にする」というのもよく言われますが、中間で止めるとさらに辛さ、きつくなります。
重力に対して腰やお尻を宙に浮かせて支えているわけですから。
それよりは一番下まで落としてしまった方が余計なブレーキをかけなくて済むのでもっと簡単です。

下までしゃがめない、そもそもしゃがみ始めるところが難しいという場合は考え方を変えてみればいいと思います。

立って静止しているところからしゃがんでいくから難しいのですから、イスに座ってそこから立ち上がれば簡単にできると思います。
できるようになったらイスの高さを低くしていく。
そうしていけば一番下までしゃがめるようになります。

「スクワットはこうしないといけない」と考えてしまうとうまくいかなくなった時にどうしたらいいか困ってしまいますが、もっと基本的な動きを考えてみればスクワットはそこまで難しく考える必要もないと気持ちが楽になれば簡単にできるようになるでしょう。

広告