ハイヒールで脚が疲れない綺麗な歩き方

ヒールを履くと脚が痛くなるという相談をよく受けます。
ヒールを履くとずっとつま先立ちしているのと同じですから、スニーカーやランニングシューズで歩く時と同じ感覚で歩くこと自体に無理があります。

ヒールで歩くと脚が疲れる、太ももの前やふくらはぎが太い人の歩き方というとだいたいこんな感じです。

37b644dc416df097bf4b58c4d0707de8_s

a832c5c8a936d969f53f4afd9550a4df_s

踵が上がっているのに脚を前に出して歩こうとするので膝が曲がるように着地します。
そうすると足首と膝が曲がった状態で体の重みを受けることになります。
その時にストレスがかかるのが太ももの前とふくらはぎです。
筋肉は使い過ぎれば疲労が溜まり、限界を超えれば痛みが出ますから、こういった歩き方をして疲れるのは自然なことです。

ハイヒールで歩く時に気をつけることは、「後ろになる脚(軸足)のヒールでプッシュする」ことです。
ほとんどの人は前に持ってくる脚にばかり意識がいきがちですが、そうすると余計に歩きにくくなります。
軸足でプッシュするとその反動で自然と反対の脚は前に来ます。
その時の着地は膝が伸びた感じになっています。

軸足のプッシュを使うことでお尻の筋肉が使われます。
歩いているとお尻に筋肉のトレーニングになりヒップアップしていきます。

結局のところ、ハイヒールで歩くから脚が疲れたり痛くなる、脚が太くなるのではなく、ハイヒールでの歩き方の問題ということです。