「腰痛ですけどゴルフは腰に負担がかかるからやめた方がいいですか?」という相談

ゴルフは腰を回転させる動作を繰り返すので腰に悪いと思われがちですが、ゴルフをすると腰が痛くなるのは腰を回転させるからではなくスイングのやり方が悪いからです。

年配のゴルフ愛好家も指導していますが、ゴルフばかりやってケアをほとんどしなかったせいで硬くなってしまった筋肉を弾力のある柔らかい筋肉にしてスムーズに腰が回る動作のトレーニングするだけで腰の痛みも良くなっていますし、以前よりも楽に打ってもドライバーの飛距離が出るようになっています。

やっていることも特別難しいものはありません。
腰や背中の筋肉もわざわざストレッチしなくても肩甲骨や骨盤、股関節といった骨や関節を動かせば緩んできます。
体幹の筋肉が緩めば体のバランスを整って姿勢も良くなります。

筋肉が緩み、姿勢や体のバランスが良くなれば腰が痛くなるようなこともありません。
腰も楽に回ります。

あとは『下半身で生んだ力をヘッドに伝える』振り方を身につければ、楽に大きなパワーが出せるようになるので無理に腰を捻ったり、強い力を出そうという力みから起こる動きのぎこちなさもなくなるのでスイングで腰の負担がかかることもなくなります。
リラックスが生まれることでスイング動作が速くなるのでスイングのパワーもアップします。
筋トレなんてしなくても筋肉が柔らかくなるだけで腰に優しく、楽に大きなパワーが出るスイングができるようになります。

スイングのパワーで大切なのは『スピード』ですから、そのために必要な要素を高めてあげればちゃんと結果に現れますね。

広告