「偏平足を直すにはどうしたらいいですか?」という相談

足の裏のアーチはとても大切です。
そのアーチ構造で着地の衝撃をうまく受けているわけですが、偏平足は歩き方や走り方など何かの動作の癖によって足の裏の筋肉の緊張感のバランスが崩れてしまってアーチ構造が崩れてしまったということです。
そのまま走り続けると着地の衝撃などを適切な形で受けられないせいで脚の故障を引き起こすリスクが高くなってしまいます。

足のアーチを取り戻すための方法としてよく言われるのがタオルギャザーですが、それではなかなか改善されません。

適切なアーチが保たれている足の指は伸びています。
しかし、偏平足の人の足の指を見るとほとんどの人が曲がってしまっています。
タオルギャザーというエクササイズは足の指でタオルを掴んで自分の方に引き寄せるエクササイズです。
つまり足の指はさらに曲がるということです。
足の指が曲がっている人がさらに曲げて足の指が元の状態に戻るかと考えてみればうまくいかない理由も簡単にわかります。

そういう方に対しては、足の指を伸ばすような運動を試してもらいますが、それをやると地面と足の裏の密着感も変わります。
筋肉を鍛える必要もないので辛さもなく、割と簡単にできます。

もっと簡単な方法はテーピングで皮膚の皺を誘導して足の裏のアーチを改善するという方法です。
これはテーピングを貼っている限りずっと良い状態を維持できるので崩れてしまう不安もありません。

なんでもすぐに筋トレ、筋肉強化に問題の解決を求めますが、矯正するか元に戻すかという考え方の違いでやり方も結果も全く違ってきます。

広告